Windows10構築 ハッキング実験用マシン

サーバー
スポンサーリンク

1.目的

ハッキング実験用のWindows10マシンを構築します。
安全性を考慮して独立したネットワークに準備したいため、
仮想化ソフトにWindowsを構築します。

2.VMware

本記事では、「VMware Workstation Player」に仮想マシンを作成します。
VMware Workstation Playerは無料の仮想化ソフトとなっており、
検索すれば、導入方法がたくさん紹介されていると思います。
そちらを参考に準備してください。
(今後、別記事で紹介するかも。。)

3.Windows10のisoファイルを用意

3-1.iso作成ツールのダウンロード

以下ダウンロードページにアクセスします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

[ツールを今すぐダウンロード]をクリックし、iso作成ツールをダウンロードします。

3-2.isoファイルの作成

ダウンロードしたツールを実行します。

しばらく待つと「適用される通知とライセンス条項」画面が表示されます。
[同意]をクリックします。

[実行する選択を選んでください]が表示されます。
[別の PC のインストール メディアを作成する…]を選択し、[次へ]をクリックします。

[言語、アーキテクチャ、エディションの選択]が表示されます。
デフォルトでは[この PC におすすめのオプションを使う]にチェックが入っており、
マシンのスペックに合わせて自動で選択されています。
このまま[次へ]をクリックします。

[使用するメディアを選んでください]が表示されます。
今回は仮想マシンを構築するので、[ISO ファイル]を選択して、[次へ]をクリックします。

保存場所を指定し、ダウンロードします。

しばらくするとダウンロードが開始されます。
メッセージが表示されるので、[完了]をクリックします。

4.Windows10をインストール

4-1.仮想マシンの作成

VMware Workstationを起動して、[新規仮想マシンの作成]をクリックします。

[インストーラ ディスク イメージ ファイル]を選択して、
先ほどダウンロードしたWindows10のisoファイルを選択します。

[仮想マシンの名前]と[仮想イメージを保存する場所]を選択し、[次へ]をクリックします。

ディスクの容量を指定します。
このまま[次へ]をクリックします。

最後に設定内容の確認画面が表示されます。
デフォルトでは最低減のメモリ、CPUコア数が選択されていますが
[ハードウェアをカスタマイズ]から希望のスペックに変更することが可能です。
ハッキング実験には支障がないため、このまま[完了]をクリックします。

4-2.インストールの設定

自動で仮想マシンが起動します。

「Press any key to boot from CD or DVD..」という画面が少しの間でます。
この画面の間に適当なキーを押下します。

※画面が過ぎてしまった場合は、再起動することでやり直せます。

Windowsのインストールが開始されます。

言語の設定などはデフォルトのまま[次へ]をクリックします。

[今すぐインストール]をクリックします。

4-3.プロダクトキーの有無を選択

[Windows のライセンス認証]が表示されるので、[プロダクトキーがありません]をクリックします。

4-4.エディションを選択

今回は[Windows 10 Pro]を選択し、[次へ]をクリックします。

[同意]にチェックし、[次へ]をクリックします。

4-5.インストールの種類を選択

インストールの種類は[カスタム]を選択します。

インストールする場所は割り当てられていない領域のまま[次へ]をクリックします。

       

4-6.基本情報やアカウントを選択

ここからキーボードのレイアウトアカウントの設定を行います。
実験用なので構成はシンプルに設定します。

アカウントは以下を設定しました。
[個人用の設定] > [オフラインアカウント] > [制限付きエクスペリエンス] から
ユーザ名:admin
パスワード:admin

秘密の質問は今後使わないので、適当に設定してください。

[デバイスのプライバシー設定の選択]はすべて無効
[Cortanaによる作業の支援]は実行しないをクリックします。

しばらくするとデスクトップ画面が表示されます。
インストールは完了です。

5.初期設定

5-1.VMware Toolsをインストール

「Player」タブから[管理] > [VMware Tools のインストール]をクリックします。

VMware Toolsのインストーラがマウントされるので、実行します。

インストール画面が表示されるので、デフォルトのまま進めます。
最後に[インストール]をクリックします。

インストールが完了すると、再起動を促されるので[はい]をクリックします。

5-2.Pingの応答を返すように設定

[コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [Windows Defenderファイアウォール]
> [詳細設定]をクリックすると、ファイアウォールの設定画面が表示されます。

[受信の規則]を選択し、以下2つを規則を有効化します。
・[ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)] ドメイン
・[ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)] プライベート

5-3.IPアドレスを確認

Window10の仮想マシンからコマンドプロンプトを実行します。

以下コマンドを実行します。

> ipconfig /all

IPアドレスは以下とわかりました。(dhcp)
IPv4 : 192.168.238.131
サブネットマスク : 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ : 192.168.138.2

6.まとめ

ハッキング実験用のWindows10を構築しました。
ターゲットへのハッキング練習を行い、セキュリティの知識を学んでいきましょう。
他の記事では、Windows10への疑似的な攻撃を紹介していきたいと思います。

※注意事項※
このブログの記事はセキュリティ向上を目的として、自分の所有する機器に実験を行います。
他者の機器やネットワークで試すことは絶対にしないでください。
詳しくはこちら

参考サイト、文献

ハッキング ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

価格:6,335円
(2021/12/16 01:03時点)

スポンサーリンク
サーバー
エイド blog